FXトレードスタイル FX基本情報 システムトレード

テクニカル分析実践法の分類とシステムトレードの強みとは?

投稿日:2019年6月28日 更新日:

スイングトレードのウリは、「年がら年中パソコンの売買画面の前に居座って、為替レートをチェックする必要がない」というところだと思います。会社員に適しているトレード手法ではないでしょうか?


スプレッドにつきましては、FX会社毎に異なっており、あなた自身がFXで儲けを出すためには、売り買いする時のスプレッド幅が僅かである方が有利ですので、そのポイントを頭に入れてFX会社を決定することが肝要になってきます。


スキャルピングというやり方は、相対的に見通しを立てやすい中長期に亘る経済変動などは考慮せず、どっちに転ぶか分からない戦いを即効で、かつひたすら繰り返すというようなものだと思っています。


MT4は今のところ最も多くの方々に採用されているFX自動売買ツールであるという理由から、自動売買プログラムのタイプがいろいろと用意されているのも特徴だと言えます。


傾向が出やすい時間帯をピックアップして、その機を逃すことなく買いを入れるのがトレードを展開する上での重要ポイントです。デイトレードは当たり前として、「慌てない」「相場がどっちに転ぶかわからない時は引く」というのは、どのようなトレード方法を採用しようとも決して忘れてはいけないポイントです。

売買の駆け出し状態の人にとりましては、難しいだろうと考えられるテクニカル分析なのですが、チャートのポイントとなるパターンさえ認識すれば、値動きの予測が圧倒的に簡単になるでしょう。

テクニカル分析実践法の分類について

テクニカル分析実践法としては、大きく分類すると2通りあると言うことができます。チャートに表記された内容を「人間が分析する」というものと、「分析プログラムが勝手に分析する」というものです。

システムトレードの一番の強みは、全局面で感情が入る余地がない点だと考えます。裁量トレードの場合は、100パーセント感情が取り引き中に入ると言えます。


スキャルピングと言われているものは、1売買で1円にも満たない僅かばかりの利幅を目論み、連日繰り返し取引を敢行して利益を積み増す、恐ろしく短期のトレード手法になります。


為替の動きを類推する時に必ず実施されるのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの動きを分析して、将来的な値動きを推測する」テクニカル分析だと言って間違いありません。

FXで使われるポジションとは、担保的な役割をする証拠金を入金して、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売り買いすることを言うわけです。余談ですが、外貨預金には「ポジション」というコンセプトは存在しません。

そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジですが、イメージしている通りに値が動いてくれればビッグな収益をあげられますが、逆になろうものなら一定のマイナスを出すことになります。


日本と比較して、海外の銀行金利の方が高いというわけで、スワップ金利が付与されることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXを行なった時に貰うことになるスワップ金利というわけです。


今日この頃は、いずれのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、それに代わる形でスプレッドがあり、これこそが実質のFX会社の収益だと言えます。

-FXトレードスタイル, FX基本情報, システムトレード

Copyright© 海外バイナリーオプション攻略navi , 2021 All Rights Reserved.