FXトレードスタイル FX基本情報 スイングトレード デイトレード

FXスイングトレードやデイトレードで稼ぐために必要な要素とは?

投稿日:2019年8月12日 更新日:

FXトレードの最大のウリは何か?

FXの最大のウリはレバレッジで間違いありませんが、十分に周知した上でレバレッジを掛けませんと、はっきり言ってリスクを大きくするだけになるでしょう。


チャート調査する上で必要不可欠だと断言できるのが、テクニカル分析です。このページにて、豊富にあるテクニカル分析手法をそれぞれわかりやすくご案内させて頂いております。


スイングトレードで儲ける為には、それ相応の売買のやり方があるのですが、もちろんスイングトレードの基本がわかっていることが前提です。何を置いてもスイングトレードの基本を押さえてください。


スキャルピングの方法は種々ありますが、いずれにしてもファンダメンタルズに関しては排除して、テクニカル指標だけを利用して実施しています。


FXが老若男女を問わず爆発的に普及した原因の1つが、売買手数料がとんでもなく安いことだと思います。今からFXを始めるという人は、スプレッドの低いFX会社を探すことも大切だと思います。

売り値と買い値に一定差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行においても異なる呼び名で導入しているのです。しかも信じられないことに、その手数料たるやFX会社の150~200倍というところが多々あります。


為替の変動も掴み切れていない状態での短期取引ということになれば、うまく行くはずがありません。やっぱり長年の経験と知識が必須ですから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングはハードルが高すぎます。


ここ最近のシステムトレードを検証しますと、実績のあるプレーヤーが作った、「確実に収益が出ている売買ロジック」を勘案して自動売買されるようになっているものが多いように感じます。


「連日チャートを目にすることは無理に決まっている」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを適時適切に見れない」とお思いの方でも、スイングトレードならまったく心配することはありません。


日本にも様々なFX会社があり、会社ごとに固有のサービスを実施しております。そういったサービスでFX会社を比較して、ご自分にフィットするFX会社を選定することが一番肝になると言っていいでしょう。

FXで使われるポジションと申しますのは、保証金とも言える証拠金を納入して、ユーロ/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを指すのです。なお外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。

デイトレードとスキャルピングの違いとは?

デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売りと買いの間隔を幾分長くしたもので、実際には2~3時間以上24時間以内に売買を完結させてしまうトレードのことなのです。


デイトレードに取り組む場合は、どの通貨ペアで売買するかも非常に重要な課題です。はっきり言って、値の振れ幅の大きい通貨ペアじゃないと、デイトレードで儲けを生み出すことは100%不可能です。


スイングトレードをやる場合、売買する画面をクローズしている時などに、突然に恐ろしいような変動などが生じた場合に対処できるように、スタートする前に対策を講じておきませんと、恐ろしいことになるかもしれません。


デイトレード手法だとしても、「毎日エントリーを繰り返し利益を生み出そう」などという考え方はお勧めできません。強引とも言える売買をして、思いとは裏腹に資金が減少してしまっては悔いばかりが残ります。

-FXトレードスタイル, FX基本情報, スイングトレード, デイトレード

Copyright© 海外バイナリーオプション攻略navi , 2021 All Rights Reserved.