FXトレードスタイル スキャルピング デイトレード

FXスキャルピングとデイトレードの違いについて

投稿日:2019年8月16日 更新日:

デイトレードとは?

デイトレードを進めていくにあたっては、どの通貨ペアでトレードするかも重要なのです。正直言いまして、値の振れ幅の大きい通貨ペアを取り扱わないと、デイトレードで利益を得ることは困難だと言ってもいいでしょう。


デイトレードとは、スキャルピングの売買のタイミングを少しだけ長めにしたもので、普通は1~2時間から1日以内に決済を済ませるトレードだと解釈されています。


デイトレードだとしても、「いかなる時も売買を行ない利益を生み出そう」などという考えは捨てた方が賢明です。無茶をして、結局資金を減少させてしまうようでは何のために頑張ってきたのかわかりません。


レバレッジと言いますのは、入金した証拠金を資金として、最大でその金額の25倍のトレードができるという仕組みを指します。例えて言うと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにすると、1000万円のトレードが可能だというわけです。


儲ける為には、為替レートが新たに注文した際のものよりも好転するまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するわけです。

スプレッドとは、FXにおける「買値と売値の差額」のことを意味します。このスプレッドこそがFX会社の利益と考えられるもので、それぞれのFX会社により設定額が異なっています。


売買につきましては、何でもかんでも面倒なことなく完結するシステムトレードですが、システムの検討や改善は一定サイクルで行なうことが肝要で、そのためには相場観を養うことが肝心だと思います。


買う時と売る時の価格に幾らかの違いを設けるスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても別名で設定されています。しかも驚くでしょうが、その手数料というのがFX会社の200倍程度というところが稀ではないという現状です。


ここ数年は、いずれのFX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、別途スプレッドがあり、そのスプレッドが現実のFX会社の儲けだと言えます。


システムトレードの一番の強みは、要らぬ感情が入ることがない点だと考えていいでしょう。裁量トレードを行なう時は、どのようにしても感情が取り引きを行なう最中に入ることになると思います。

「デモトレードを行なって利益を生み出すことができた」といっても、リアルなリアルトレードで収益を手にできるとは限らないのです。デモトレードというものは、いかんせん遊び感覚でやってしまいがちです。


証拠金を保証金として一定の通貨を購入し、そのまま維持していることを「ポジションを持つ」と言います。それとは反対に、所有し続けている通貨を決済することを「ポジションの解消」というふうに言います。

スキャルピングとは?


スキャルピングとは、短い時間で小さな収益を手にしていく超短期取引のことで、テクニカル指標だったりチャートを読み取りながら行なうというものなのです。


FXにつきましては、「外貨を売る」という状態から取引を始動させることも可能なわけですが、このように外貨を保持することなく「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけです。


チャートを見る場合に欠かせないとされるのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトでは、多種多様にあるテクニカル分析法をそれぞれ親切丁寧にご案内させて頂いております。

-FXトレードスタイル, スキャルピング, デイトレード

Copyright© 海外バイナリーオプション攻略navi , 2021 All Rights Reserved.